« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月10日 (木)

近況。

近況。
近況。
近況。

お稽古漬け生活も2ヶ月半が過ぎ、やっと大人の男、2枚目スイッチを出現させられるようになってきました。

でもまだまだ曖昧なスイッチくん。。

日々戦っております。

もう…日常会話がでたらめすぎていたのですぐに間違った言語感覚やクセに戻るのでプライベートで話すのが怖い位です。

周りに、日常会話の声が低くなったね、と言われます。
お稽古に入ってからの変化は自他共に認めるほど。
最近は毎日お会いしている演出の出口さんにも言っていただける位変化してきました。
断然今の話し方、体の方が楽で生きやすいです。。

お稽古当初に録音した自分の声や読みを聞くと、その稚拙さにボイスレコーダーを破壊したくなります(笑)

気付いたらあと1ヶ月ちょっとしかないんです。


まだまだ足りない。
まだまだやることはたくさんある。

もっともっとシェイクスピアを知りたい。
もっともっと出口流のアプローチを学びたい。
もっともっとよくなりたい。
もっともっと出来ることを増やしたい。


日々を積み重ねれば積み重ねる程、欲が尽きないです。

差し入れにお寿司をいただいたり、友達が干物を送ってくれたり、久しぶりにまともにお料理を作ってみたり。
お稽古で脳内が飽和状態になった時は無心にお料理をするのがいい休養になるみたいで、ひらめきと新たな視点を与えてくれます。

お稽古中は、基本的に同時に色んなことにトライできなくなってしまうのですが、最近はあえて本を呼んだり映画を観たり、舞台を観たりしてcapacityを広げるようにしています。
お風呂で雑誌を読むのもいい刺激です。

最近は

江本純子さんの『股間』を読みました。
江本さんの言葉、表現は刺激を受けるところと、深く共感するところと…
無理して器用に生きなくていいんだよなって心がすぅーっと楽になりました。
食らいついて読んだがために次の日は眠かったけど。。(笑)

でも眠い中でどう戦うか、そして戦いきれたので、ちょっとくらい無理もしてみるもんだなぁとも思いました。

恩師に言われました。

『1年の中で体が万全の日なんて、4日くらいしかないのよ』

そう思うようになると体調不良やその日の調子を言い訳にはしたくなくて。
熱があろうが頭が痛かろうがおなかの調子が悪かろうが、眠かろうが集中力がなかろうが、どんな状態でもベストを尽くし、ベストを越えていくチャレンジの毎日です。


サレーニオのセリフ。
『老いさらばえたその歳でまだ謀反気を起こす血肉があるっていうのか。色ぼけしやがって。』
なんか…衝撃。
1回位言ってみたいな。

『狂乱激烈、奇妙奇天烈。』
『ほうら、悪魔がやってきたぞ。』
『もう一人同じ悪魔がやってきたぞ。この二人がそろったら三人目は誰が来たって貫禄負けだ。悪魔自身が化けて出て来ない限りは。』

この表現!!!表現というか小田島雄志さんの翻訳力の素晴らしさときたら…悶絶しそうです。

全部サレーニオのセリフです。バッサーニオが2枚目だからか激しいセリフにも憧れるのかな…(笑)


『外観の美しさは中身を裏切るのかもしれぬ。世間はつねに虚飾に目をまどわされているのだ。』
byバッサーニオ

では、よい1日を。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »